ブルパロ通信 Vol.051
「ブルーパロットの冬セール」始まります!
京都の紅葉もだいぶ落ち着いて、いよいよ町なかは冬の装いとなってきました。 「京都の冬は寒さが厳しそうでなかなか足が向かないです〜」というお声も聞こえて きそうですが、冬の京都は年末ならではの行事があったり 終い弘法・終い天神など古いもの好きな方にも魅力的なイベントが。 そして忘れてはならないのが、「ブルーパロットの冬セール」ですよ!

ブルパロ通信 Vol.050
40周年記念!感謝のご挨拶
いつもブルーパロットをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 おかげさまで、当店は開店40周年を迎えることができました。 これも皆さまのご愛顧の賜物と心から感謝申し上げます。
ブルパロ通信 Vol.049
銀座三越「 GINZAキョウト展」のお知らせ
京都の朝晩はだいぶ冷えるようになってきました、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 室内で過ごす時間が増える秋冬は、そばにお気に入りの家具や器を取り入れて楽しみませんか? そこで今回は、 これからの季節にぴったりなアイテムや、秋のイベント情報をお知らせします。
レポート
最近盛り上がっている、百万遍 知恩寺の「手づくり市」へ行ってきました。
毎月15日に御影堂前の境内を中心に約350店の手作りフリーマーケット「百万遍 手づくり市」。午前9時から午後4時まで開催しています。 15日はいつも「手づくり市を見てからブルーパロットに来ました」という方が多く、「百万遍からお店までの行き方」の問い合わせも多いため道順も合わせてレポートしたいと思います。
インスタグラム
#ブルーパロットの写真を一部ご紹介!
ブルーパロットで見かけた商品やご購入いただいた商品の素敵な写真をインスタグラムで投稿していただいた中からスタッフがセレクトして掲載させていただいております。皆さまの投稿をお待ちしております。
ブルパロ通信 Vol.048
ポイント2倍 キャンペーン!
ブルーパロットでは、オンラインショップ会員の皆さまへ感謝の気持ちを込めたポイント2倍 キャンペーン を開催します。 期間中は、通常の2倍のポイントを差し上げます!!秋の暮らしを豊かにする新商品がぞくぞくと追加されています。この機会に是非どうぞ!!
COLUMN
七十二候のお話:8月28日〜9月1日頃「天地始粛」(てんちはじめてさむし)
「粛」という字には鎮まる、おさまる、弱まるなどの意味があり、「天地始粛」の言葉自体はようやく暑さが鎮まるという意味です。 確かに朝晩や、木陰には真夏とはまた違ったひんやりと肌に心地よい風がそよぎ始めました…
NOTE Vol.002
火鉢、道具と使い方 について
薪のように煙が出ないことから、古くより上流階級に使用されていた火鉢。江戸から明治時代頃にかけて庶民にも普及し、昭和初期頃では暖房用とともに半炊事用としてもも愛されてきた道具です。 現在では、植木鉢、ワインクーラー、金魚鉢など、インテリアの…
NOTE Vol.001
オールドノリタケ刻印について
オールドノリタケとは1800年代末から第二次世界大戦の終わりにかけて日本陶器(現、ノリタケカンパニ−)が製造し、主にアメリカやイギリスに輸出された西洋磁器群の総称をいいます。これらの多くには刻印がされており、その年代毎に異なっていることから刻印を…
ブルパロ通信 Vol.047
まもなく西武池袋本店に出店します!
数多くのショップが集まる西武池袋店の催事「暮らしの中の骨董マーケット」開催に合わせてブルーパロットも独自の審美眼でセレクトした品々を展開いたします。会場はまるで京都の店が引っ越してきたかのような空間に!…
COLUMN
七十二候のお話:8月12日-16日頃「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)
立秋の次候は「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)です。 夕暮れにカナカナ… と鳴く声は、確かに日本人の私たちに夏の終わりを感じさせますね。その声が夏を惜しんでいるかのようにまで聴こえてきます。 真夏の猛暑日には「早く涼しくなってー!」と思っていたのに、この時期になると過ぎ行く夏を惜しむなんてムシが良すぎますね…
COLUMN
七十二候のお話:8月7日-11日頃「涼風至」(すずかぜいたる)
暗闇で蛍の光が飛び交う時期を言っています。 暗い静かな夜に土の中から羽化して光だす蛍たち、昔の人が「朽ちた草が蛍になる」と表したのも分かる気がします。 昔はもっと身近な存在で、さぞ眩しく幻想的だったであろう蛍… 夜うちわ片手に水辺の蛍探しに出かけ…
COLUMN
ブルーパロットは、昨日より通常営業しております。
店頭にはさっそく重厚感ある時代箪笥や、可愛らしい本箱などが追加され、目に見て涼しいレトロなガラスの器とともにお出迎え。 暑い、暑ーい夏ですが、いつもと違った器や、とっておきのお気に入りの器を食卓に並べて、今しか味わえない暑い夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。
COLUMN
七十二候のお話:7月22日-26日頃「桐始結花」(きりはじめてはなをむすぶ)
いよいよ二十四節気は「大暑」となりました。 一年で最も暑さが厳しい時期。その大暑の初候は「桐始結花」(きりはじめてはなをむすぶ)。 神聖な木とされてきた桐は高貴な紋としてだけでなく、身近なところでは500円玉、パスポートなどにも見られる日本に深く根付いた植物なんですね。 桐は成長が早いのが特徴で、わずか樹齢20年程で実用されるといわれています。 松が40年、杉が80年…
COLUMN
七十二候のお話:7月17日-22日頃「鷹乃学習」(たかすなわちわざをならう)
小暑の末候は「鷹乃学習」(たかすなわちわざをならう)。 6月頃に孵った鷹のヒナが、飛び方=獲物の捕り方=独りで生きる術を学ぶ時期と言われています。 今日では鷹と人間の生活にあまり接点はないように思いますが、古く徳川時代には鷹を使っての狩りは高貴な人たちの間では武芸のひとつとして重要視されていたのだそう。 鴨川の上空を飛ぶ鷹の中には、”学習中”のヒナも…
COLUMN
七十二候のお話:7/7-11頃「温風至」(あつかぜいたる)近頃は夕立が定番の京都。
これほどまでにどしゃぶりが続くとまだまだ梅雨明けは先かな?と思っておりましたが、この雷を伴う大雨は梅雨明けの合図なのだそうです。今の時期は二十四節気で「小暑」。 つまり暑中、大暑の一歩手前。これからからりとした夏がくる入り口といったところでしょうか。各地で雨の被害も出ているようですが、梅雨明けも近づいているのでどうぞ皆さまお気をつけてください。 京都の街中の…
COLUMN
七十二候のお話:6/21-25頃 乃東枯(なつかれくさかるる)
6月21日からは二十四節気で夏至です。 一年で一番日が長くなる頃。気温もどんどんと上がり夏真っ盛り!言い換えれば、この季節を境に日照時間は秋冬に向かって行く訳ですが、京都の長い夏を思うと まだまだ秋の事を考えるのは当分先かな…?といったところでしょうか。 夏至の初候の「乃東枯」、乃東とはウツボグサのことだそうです。この草は冬至に芽を出し、夏至に花穂が…
COLUMN
七十二候のお話:6/16-20頃 梅子黄(うめのみきばむ)
ちょうど梅雨入りするこの頃の季節。梅の実が薄黄色に色づく季節とも言われています。そもそも、梅雨とは”梅の実が熟す頃の雨”という意味なんですね。 確かに少し前から、野菜売り場に梅の実と梅漬け汁が並んでいました。 自分でつけた梅ジュースや、梅干し、きっと格別ですね。旬のものを使って家族や親子で楽しみながら作るのも…
COLUMN
七十二候のお話:6/10-15頃 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)
暗闇で蛍の光が飛び交う時期を言っています。 暗い静かな夜に土の中から羽化して光だす蛍たち、昔の人が「朽ちた草が蛍になる」と表したのも分かる気がします。 昔はもっと身近な存在で、さぞ眩しく幻想的だったであろう蛍… 夜うちわ片手に水辺の蛍探しに出かけてみるのもいいですね…
商品を探す
店舗情報
ブルーパロット公式アカウント
家具 / furniture
雑貨 / others
食器 / tableware
漆器 / lacquered ware
火鉢 / charcoal brazier
照明 / light, lampshade
アクセサリー / accessories
京都市左京区聖護院円頓美町24-1
075-761-8681
11:00 - 20:00
毎週水曜・第二木曜
地図はこちら
ピックアップ
百貨店情報
家具の引き取りについて
取材・メディアについて





Copyright c blueparrot, Inc. All Rights Reserved.  会社概要 | 企業理念 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記