家具・雑貨を探す

食器を探す

コンテンツ

住所 京都府京都市左京区
聖護院円頓美町24-1
電話番号 075-761-8681
営業時間 11:00 - 20:00
定休日 毎週水曜・第二木曜
  • 当面の間は19:00までの営業としております。
  • クレジットカード利用可
お問合せ
カートの中を見る

カートの中に商品はありません

産業を動かす消費者の力って?

2020年7月から、コンビニやスーパーのレジ袋有料化が始まりましたね。賛否両論がある中で開始された有料化。取り組み自体の効果がいかなるものかという結果も重要だと思いますが、私は地球環境について考える「きっかけ」としてある程度影響力がある取り組みになるのではないかと感じています。ほとんどの人が日々当たり前に利用していたレジ袋が無くなる・有料化されるという事は、毎回レジで啓蒙されるようなものです。実際、有料化を機にゴミ削減や地球環境に興味を持った、調べてみたという方も少なくないのではないでしょうか。このように少しずつ地球環境問題に対して知識を深めていったり、立ち止まって考えたりする事が定着化するのは、とても前向きな変化だと感じます。

2010年前後は、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)のデータ取扱いに関する事件もあり、人為的な活動や二酸化炭素排出が本当に気候変動に直接的に関連しているのかどうかという議論が随分と行われました。今日に至ってもなお、温暖化は地球史的に見た気候の変動の一部だという説も、途上国の発展によりさらに加速された人間活動が温暖化を助長しているという説も、どちらも存在しています。

地球環境に関する問題は、実に様々な専門的データや科学者の意見、政治的見解が絡み合い、なかなか地球上の全ての人が合意するような「これが正解!」が出ない問題です。そんな一筋縄にいかない問題と共に生きていかなくてはならない私たちは、どうすれば良いのでしょう?
与えられた情報を鵜呑みにするのではなく自分なりに情報を見聞し、自分をあらゆる方面の知識に触れさせることです。議論を重視する教育方針の欧米諸国では、子供でも「educate yourself」が一番大切だと知っています。educate yourselfとは、直訳すると自分自身を教育すること。その問題について勉強することです。皆さまも、ぜひこの機会に地球環境問題という大きな問題のドアを開けてみて知見を広げてみてください。

私ももっともっと勉強が必要だと思いますが、今私なりに信じているのは、「化石燃料の枯渇を少しでも先に伸ばす事とそれに変わるエネルギーの開発」また「大量に排出される廃棄物の削減」で、地球環境を改善する正しい道といって間違いないのではないかと思います。

ご存知でしたでしょうか。2020年、日本のエネルギー自給率は11%強でOECD諸国37カ国中で34位あたりを推移しています(経済産業省資源エネルギー庁)。自給率11%はおせじにも高いとは言えませんが、内訳を見ると殆ど原子力、水力、地熱・風力・太陽光などの再生エネルギーで構成されていますし、数年前の9%からは微増しています。

現状ではまだ自然エネルギーは安定したシステムとは言えず、効率が良くないと言われることもありますが、日本にも世界に通用する有望な技術がありますし研究や供給システムの進展を願います。需要や消費を高めることでメッセージを送り、自然エネルギーやバイオマスエネルギーを応援していきたいものです。

そうです、私たち消費者がこれまでと違った物事を求めることで産業を変化させていけると思うのです。
なぜなら、産業の本質的な構造をおさらいしてみると分かるのですが、産業は消費者が求めるものを提供して利益を得、成り立っているものだからです。需要が起点となり供給が生まれて産業が発展する訳ですね。

ここで一旦立ち止まって、これまでの生活を振り返ってみてください。

 ・長期休暇には飛行機で海外旅行に行く
 ・沢山の種類から選べて安い、ワンシーズンごとに買い替えられるファストファッションが好き
 ・電気やガソリン・水資源は当たり前に存在していて困った事はない
 ・スーパーやレストラン、コンビニに行けば新鮮で必要なものが手に入る
 ・テイクアウトの料理などのパッケージフードは捨てられるから食器を使わなくて楽で良い
 ・一応分別はしているがゴミの量自体はあまり気にしていない
 ・1〜2年、2〜3年で買い替えることを前提に安価な買い物をする
 ・数分おきに来る電車やバス、新幹線で通勤する
 ・一家に最低1台はマイカー所有が当たり前

さて、当てはまるものはありましたでしょうか?きっと皆さま、いくつか当てはまる項目があるはずです。
私も当てはまるものがあります。何故と振り返って自分に問うと、あまり深く考えていなかったか、考えていたとしても自分の利便性やお財布事情だけというお恥ずかしい話です。
今日を機に、上記のような行動は全て私たちが求めたからこそ存在し、提供されてきたと言うことを忘れないようにしましょう。1人の行動も集まれば大きな影響力です。

何が言いたいのかをまとめますと、私たちが消費スタイルを変え、求めるものを変える事で、産業というスケールの大きなものを動かすことができるのだという事に気づいていただけたら嬉しいという事です。産業を動かす力を持っているのは、まさに私たち一人一人の消費者なんだというのは夢がありますよね。
ぜひ、自分の力や可能性を信じてください。個人の生活スタイルや消費活動を変えて、産業のあり方や社会の方向性を変えましょう。

次回の記事では、ブルーパロットが会社で行っている環境への取り組み、従業員たち個人が私生活で取り組んでいる事などをご紹介したいと思います。どれも具体的で難しい事はありません、皆さまもすぐに真似していただけるものがたくさんです。

ぜひお楽しみに。





新着商品



アクセスの高い商品

よみもの:日本の文様

唐草:からくさ
唐草とは、蔓(ツタ)植物が絡み合いながら伸びた形を図案化した植物文様のとをいいます。
牡丹:ぼたん
美しさを褒め称える時などに使う「あでやか」という言葉
菱・花菱:ひし・はなびし
優しく華やかな印象を与える上品な柄として人気の菱・花菱文様。
宝珠:ほうじゅ
「宝珠」とは縁起の良いものを寄せ集めた「宝尽くし文」の一つです。
石畳:いしだたみ
「石畳」とは、2色の正方形・長方形が、互い違いに並んでいる碁盤目の模様を言います。
青海波:せいがいは
「青海波:せいがいは」とは同心円の渦を、波を重ねたように繰り返した文様です。
松:まつ
千年もの樹齢を保ち一年を通して緑の葉をつけ続ける松の木
立涌:たてわく
「立涌:たてわく」とは縦に湧き立つような二本の線が左右に膨らんだりくぼんだりしながら伸び、水蒸気が涌き立ちのぼっていく様子を表した文様です。

よみもの:地球環境に良いこと

環境に配慮できるマインドを養おう
今回は記事を書いている筆者自身の体験について少しお話をさせていただきたいと思います。
イケア世代とアンティーク家具?
近年ブルーパロットにも若い世代のお客さまが増えてきました。「古き良きものを使ってみたい」「一点ものに憧れる」「雑誌やインスタで見るようなおしゃれなものが欲しい」など様々な理由を持って訪れてくださり、本当に嬉しい限りです。
私たちの環境にいいことリスト
前回の記事では、「私たち消費が消費者スタイルを変える事が、産業のあり方や社会の方向性を変えられる鍵。」というお話しをしました。
産業を動かす消費者の力って?
2020年7月、コンビニやスーパーのレジ袋有料化が始まりました。賛否両論はあれど、これがきっかけとなりゴミ削減や地球環境に興味を持ち始めたという方も少なくないのではないでしょうか。
アンティークで地球環境に良いスタイルを
サステナブル=持続可能、そして環境に優しい製品を使う生活への注目の高まりに呼応して、欧米ではアンティークや古道具を選ぶ人が増加傾向にあります。
アンティーク家具がミレニアル世代でますます人気に
1980年44億だった世界人口は10年ごとに、52億、60億、68億と増加を辿り、2020年の今日には76億人となっています。私たちひとりひとりの消費活動が環境に与える影響については、もはや自明の理ですね。
ブルーパロットの想い
国連に加盟する193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた「SDGs」が国連でサミットで採択されて以来、年々地球全体で環境問題に対しての関心が世界中で高まっていますね。

特集:おすすめ食器

ピックアップコンテンツ

新規会員登録のご案内

会員登録するとスマートに情報・特典を受け取ることができます。ぜひ登録をお済ませください。

アクセス・店舗情報

当店は街の中心部から少し足を伸ばしていただいた岡崎エリアにございます。 徒歩圏内に聖護院や平安神宮、金戒光明寺...

お買い物ガイド

品質、配送・送料、お支払い、商品の預かり、修理・メンテナンス、返品、レンタルについてまとめています。

百貨店催事

出展日程は会期の1〜2ヶ月前にメールマガジンや公式SNSなどでお知らせしています。

家具や食器の引取り

引っ越しや家具の買い替えなど、ライフスタイルの変化によって古い品々たちは毎日次々と捨てられています...

こっとうの器で食べる

骨董・アンティークの器にごはんやお菓子を盛り付け、使い方例をご紹介中の人気コンテンツ。

その他よみもの

猫のしっぽ カエルの手

ベニシアさんは、古くからブルーパロットにご来店いただいているお客さま。この度ご縁あってNHKの人気番組「猫のしっぽ...

ノリタケの刻印

江戸時代末からの創業者の努力から始まり、明治37年からは国内需要だけでなく輸出により本格的に栄えたノリタケ...

インスタグラム

店舗情報
ブルーパロット公式アカウント
〒606-8323 京都府京都市左京区聖護院円頓美町24-1
電話 075-761-8681  営業時間 11:00 - 20:00  定休日 毎週水曜・第二木曜  定休日 毎週水曜・第二木曜
          

©antique blue Parrot 2021 無断転載・複写・複製を禁じます。  会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記