冬セール開催中! 12月26日(日)まで!

消費者が握る地球の未来

ご存知でしたでしょうか。2020年、日本のエネルギー自給率は11%強でOECD諸国37カ国中で34位あたりを推移しています(経済産業省資源エネルギー庁)。自給率11%はお世辞にも高いとは言えませんが、内訳を見ると殆ど原子力、水力、地熱・風力・太陽光などの再生エネルギーで構成されていて、数年前の9%からは微増しています。

現状ではまだ自然エネルギーは安定したシステムとは言えず、効率が良くないと言われることもありますが、日本にも世界に通用する有望な技術があり、研究や供給システムの進展が期待されています。需要や消費を高めることでメッセージを送り、自然エネルギーやバイオマスエネルギーを応援していきたいものですね。

私たちは「個人の微々たる力では何も変化しない」と思ってしまいがちですが、実際は真逆なのです。私たち消費者個人が環境に良い製品を求め、選択肢を持つことで産業を変化させていけるのではないでしょうか。
なぜなら、産業の本質的な構造として、産業は消費者が求めるものを提供して利益を得、成り立っているものだからです。需要(私達のニーズ)が起点となり供給(製品)が生まれて産業が発展する訳なのです。

以下は、近年の生活水準について書かれている文を抜粋してきたリストです。
ここで一旦立ち止まって、一緒にリストを見てみましょう。

     
  • 夏冬の長期休暇には飛行機で海外旅行に行くのが楽しみ
  •  
  • 豊富な色やサイズから選べて、安く、ワンシーズンごとに買い替えられるファストファッションが便利で好き
  •  
  • 電気やガソリン・水資源は当たり前に存在していて困った事はない
  •  
  • スーパーやレストラン、コンビニに行けば新鮮で必要な食べものがいつでも手に入る
  •  
  • テイクアウト料理などのパッケージフードは捨てられるから食器を使わなくて楽で良い
  •  
  • 一応分別はしているがゴミの量自体はあまり気にしていない
  •  
  • 1〜2年、2〜3年で買い替えることを前提に家具や電化製品などは安価な物を選ぶ
  •  
  • 通勤は電車やバス、新幹線が主流。数分おきに来るので不便と感じたことはあまりない
  •  
  • 一家に最低1台はマイカー所有が当たり前

さて、皆さまにも当てはまるものはありましたでしょうか?きっといくつか当てはまる項目があるはずです。
筆者にも当てはまるものがありました。
先程の話に戻りますが、上記リストのような暮らしは、いわば私たちが求めたからこそ存在し、提供されてきたと言うわけなのです。ことを忘れないようにしたいですね。1人の行動も集まれば大きな影響力です。

何が言いたいのかをまとめますと、私たちが消費スタイルを変え、求めるものを変える事で、産業というスケールの大きなものを動かすことができるのだという事に気づいていただけたら嬉しいという事です。産業を動かす力を持っているのは、まさに私たち一人一人の消費者なんだというのは夢がありますよね。
ぜひ、自分の力や可能性を信じてください。個人の生活スタイルや消費活動を変えて、産業のあり方や社会の方向性を変えましょう。

次回の記事では、ブルーパロットが会社で行っている環境への取り組み、従業員たち個人が私生活で取り組んでいる事などをご紹介したいと思います。どれも具体的で難しい事はありません、皆さまもすぐに真似していただけるものがたくさんです。ぜひお楽しみに。

※ 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、また他サイト等への無断引用を禁じます。

おすすめ記事

営業日カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
グレーは店舗休業日です。
12月は(水)・第2(木)も休まず営業いたします。
ただし、12月29日(水)〜1月5日(水)は年末年始の休業とさせていただきます。

お買い物ガイド

サービス

商品カテゴリー