本当に地球環境にいいのは何? - 丁寧な暮らし - アンティーク家具・アンティーク食器・雑貨の販売・通販|京都ブルーパロット

選りすぐりの上質なアンティーク家具や、食器小物✨
全国配送OK、ご不明点はチャットから質問することができます😊

本当に地球環境にいいのは何?

2020年7月から、コンビニやスーパーのレジ袋有料化が始まりました。賛否両論がある中で開始された有料化。取り組み自体の効果がいかなるものかという点も重要だと思いますが、多くの人が何気なく手にしていたレジ袋が無くなるということで 必然的に地球環境について考える「きっかけ」を与える取り組みになるのではないかと感じています。

実際に有料化を機にゴミ削減や地球環境に興味を持った、調べてみたという方も少なくないのではないでしょうか。このように少しずつ地球環境問題に対して知識を深めていったり、立ち止まって考えたりする事が定着化するのは、とても前向きな変化ですよね。

2010年前後は、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)のデータ取扱いに関する事件もあり、人為的な活動や二酸化炭素排出が本当に気候変動に直接的に関連しているのかどうかという議論が随分と行われました。今日に至ってもなお、温暖化は地球史的に見た気候の変動の一部だという説も、反対に途上国の発展によりさらに加速された人間活動が温暖化を助長しているという説も、どちら側の説も存在しています。

地球環境に関する問題は、実に様々な専門的データや科学者の意見、政治的見解が絡み合い、なかなか地球上の全ての人が合意するような解が出ない問題です。では、そんな一筋縄にいかない問題と共に生きていかなくてはならない私たちは、どうすれば良いのでしょう?

それには、与えられた情報を鵜呑みにするのではなく自分なりに情報を見聞し、自分をあらゆる方面の知識に触れさせることが大切です。議論を重視する教育方針の欧米諸国では、子供でも「educate yourself」が一番大切だと知っています。educate yourselfとは、直訳すると自分自身を教育すること。その問題について勉強することです。皆さまも、ぜひこの機会に地球環境問題という大きな問題のドアを開けてみて知見を広げてみてください。

私たちブルーパロットなりに地球に優しい暮らし方を考えた時、「化石燃料の枯渇を少しでも先に伸ばす事とそれに変わるエネルギーの開発」、そして「大量に排出される廃棄物の削減」の2つは、地球環境を改善する正しい道といってまず間違いないのではないかと考え、営業活動の中でできることから始めています。


※ 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、また他サイト等への無断引用を禁じます。

【こっとうの器で食べる】おすすめ記事5選

【日本の文様】おすすめ記事5選

【アンティーク豆知識】おすすめ記事5選

【丁寧な暮らし】おすすめ記事5選

営業日カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
グレーは店舗休業日です。

お買い物ガイド

サービス

商品カテゴリー